新幹線変形ロボシンカリオンガム[前編] レビュー

新幹線変形ロボシンカリオンガム[前編] レビュー
新幹線がロボットに変形する「新幹線変形ロボシンカリオンガム」のレビュー、前編です。

新幹線がロボットに変形するという、男子で響かない人はいないんじゃないかと思うぐらい王道の設定のシンカリオンが食玩で発売されました。
販促の動画の高いクオリティに、ちゃんとアニメ化してくれないかなーと期待しつつ、お手頃な食玩でシンカリオンが手に入れられるのは嬉しいです。
そういえば、かなり久しぶりにカバヤの食玩(玩具菓子)を買ったような気がします。

変形の手順やロボモードの紹介はこちら:新幹線変形ロボシンカリオンガム[後編] レビュー

■ラインナップ:全4種
■発売日:2016年08月
■メーカー:カバヤ
■値段:380円(税別)

新幹線変形ロボシンカリオンガム[前編] のレビュー

1.シンカリオン E5 はやぶさ A

601_2
パッケージは4種全て違います。
はやぶさAは、カイサツソードを構えたパッケージ。

 
601_3
背面はAとBを合体させた紹介が載ってます。

 
601_4
中身はランナー同士が接続されていて、箱の中でバラバラに動かないようになってました。

 
601_5
601_6
601_7
601_8
601_9
ランナーは4枚。シールは多めでした。

 
601_10
組み立てると、はやぶさの先頭車とカイサツソード、ウィング×2が完成。

2.シンカリオン E5 はやぶさ B

601_11
はやぶさBのパッケージはアップ目の決め絵です。

 
601_12
601_13
601_15
601_14
601_16
601_17
601_18
ランナーは6枚と多め。シールはAよりは少ないですが、まぁまぁあります。

 
601_19
組み立てると、はやぶさの中間車と後尾車が完成します。

3.シンカリオン E6 こまち A

601_20
こまちAは、フミキリガンを構えたポーズのパッケージ。

 
601_21
こちらも背面は、合体の紹介が載ってます。

 
601_22
601_23
601_24
601_25
601_26
はやぶさAと同じく、ランナーは4枚。シールははやぶさよりも少なめでした。

 
601_27
組み立てると、こまちの先頭車、フミキリガン×2が完成します。

4.シンカリオン E6 こまち B

601_28
こまちBもアップ目の決めポーズのパッケージ。

 
601_29
601_30
601_31
601_32
601_33
601_34
601_35
こちらもはやぶさBと同じくランナー6枚構成。シールの数も同じぐらいでした。

 
601_36
組み立てると、こまちの中間車、後尾車が完成します。

シンカリオン E5(イーファイブ) はやぶさ 新幹線モード

601_37
601_38
601_39
601_40
AとBを組み合わせると、三両編成のはやぶさが完成します。

 
601_41
601_42
601_43
全体的にシールは多めでしたが、新幹線としての完成度もなかなかのものになってます。

 
601_44
中間車両は武器庫にもなってます。

シンカリオン E6(イーシックス) こまち 新幹線モード

601_45
601_46
601_47
601_48
こちらもAとBを合体させると三両編成のこまちが完成します。

 
601_49
601_50
601_51
こちらも同じく、なかなかの完成度となってます。
ちなみに車輪が付いているので、手転がしで遊べます。

 
601_52
こまちも中間車両は武器庫になっていて、フミキリガンを収納できます。

シンカリオン はやぶさとこまちを連結

601_53
はやぶさとこまちで連結することも可能。

 
601_54
6両の長い状態としても遊べます。

変形の手順やロボモードの紹介はこちら:新幹線変形ロボシンカリオンガム[後編] レビュー

      2016/09/20

 - etc., 食玩