ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキング レビュー

ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキング レビュー
動物戦隊ジュウオウジャーのファイティングアクションロボシリーズ第1弾「ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキング」のレビューです。

戦隊の食玩にしては、お値段は高めですが、組み立て済、彩色済で買ってすぐに遊べるファイティングロボシリーズ。
今回も素晴らしい可動域です!しかも今回はプロポーションがアレンジされていて、カッコイイです!!

■ラインナップ:1種
■発売日:2016年04月
■メーカー:バンダイ
■値段:994円(税込)

ファイティングアクションロボ 勇動 ジュウオウキングのレビュー

561_2
561_3
パッケージ。前回のニンニンジャーの時は派手なデザインでしたが、今回はすっきりとしたデザイン。
『この星をなめるなよ』ってことでバックには地球が。

 
561_4
中身は、ジュウオウキング本体とキングソード。あと食玩なので、ラムネも入ってます。

ファイティングアクションロボ ジュウオウキング

561_5
561_6
561_7
561_8
もともとそんなに色数は多くないので、彩色に関してはほぼ満点の出来。
プロポーションは相当スマートでスタイリッシュにアレンジされてます。

 
561_9
561_10
561_11
561_12
561_13
561_14
561_15
561_16
561_17
561_18
561_19
561_20
顔にちょっと生気がないような気がしますが、細部の造形もしっかりとしてます。

 
561_21
561_22
商品の背景紙として、ジュウオウジャーのマークがプリントされた紙が入っているので、ディスプレイとかに使えるかも。

 
561_23
561_24
561_25
561_26
561_27
キングソードはかなり大きめにアレンジされていてかっこいいです。
今回も良く動き、ポーズが決まりますね。

比較

561_28
ミニプラ 動物合体シリーズ01 ジュウオウキング」と並べて。
変形・合体だけでなく、ミニプラ自体の出来も良いですが、スタイルは完全にファイティングアクションロボの圧勝。

 
561_29
前作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の1号ロボ「ファイティングアクションロボ シュリケンジン」と並べて。
サイズはほぼ同じですが、どんどんと商品として洗練されてきた気がします。

 
561_30
561_31
ファイティングアクションロボも3年目。全てのロボや合体が商品化されている訳ではありませんが、良い感じでシリーズが続いていて嬉しいです!
できれば過去の戦隊ロボまで展開してくれると嬉しいんですけどね。

   

 - スーパー戦隊, 食玩 ,