ガシャポンカンソフビシリーズ 仮面ライダーゴースト01 レビュー

ガシャポンカンソフビシリーズ 仮面ライダーゴースト01 レビュー
ソフビフィギュアの新シリーズ「ガシャポンカンソフビシリーズ 仮面ライダーゴースト01」のレビューです。

シフトカー以来の久しぶりのガシャポンカンで、新しいシリーズのソフビフィギュアです。
仮面ライダーゴースト オレ魂、仮面ライダースペクターともにフードをおろした状態、新規造形で、ビリー・ザ・キッド魂がラインナップされています。
値段の割には、造形や彩色はちょっとイマイチな感じもしますが、内容は貴重なので、とりあえず集めてみました。
次回に続くとしたら同じようにレアなラインナップで展開するのでしょうか。

■ラインナップ:全3種
■発売日:2015年11月
■メーカー:バンダイ
■値段:500円

ガシャポンカンソフビシリーズ 仮面ライダーゴースト01のレビュー

502_02
リーフレット。ラインナップ3種と組み立て方が載ってます。

 
502_03
502_04
本体は3種とも上半身と下半身で分割して封入されてます。
組み立ては簡単です。

ガシャポンカンソフビ 仮面ライダーゴースト オレ魂

502_05
502_06
502_07
502_08
仮面ライダーゴースト オレ魂で、フードをおろした状態のソフビは現在これだけだと思うので、なかなか貴重な立体化。

 
502_09
502_10
502_11
502_12
502_13
502_14
502_15
502_16
502_17
502_18
彩色が少なく、手足の模様は塗られていません。
ベルトもぺしゃんこ過ぎてコレじゃない感がしますね。

ガシャポンカンソフビ 仮面ライダースペクター

502_19
502_20
502_21
502_22
仮面ライダースペクターもフードをおろした状態の立体化は貴重なので、そこに価値を見出せればコレクションするべきです。

 
502_23
502_24
502_25
502_26
502_27
502_28
502_29
502_30
502_31
502_32
オレ魂と同じで、手足の彩色の少なさが何かいまいち物足りなさを感じます。

ガシャポンカンソフビ 仮面ライダーゴースト ビリー・ザ・キッド魂

502_33
502_34
502_35
502_36
ライダーヒーローシリーズやソフビヒーローシリーズでもまだ発売されていないビリー・ザ・キッド魂が最速でラインナップ。

 
502_37
502_38
502_39
502_40
502_42
502_43
502_44
502_45
502_46
まだ比較の対象がないため、全体的なフォルムやベルトの造形を除けばまぁまぁの出来だと思います。
ビリー・ザ・キッド魂はそのうちソフビヒーローでラインナップされる気もしますね。

ライダーヒーロー、ソフビヒーローと比較

502_47
502_48
仮面ライダーゴースト オレ魂と仮面ライダースペクターをライダーヒーローシリーズとソフビヒーローシリーズの両シリーズのものと並べて比較。
サイズは中間ぐらいです。
造形や彩色などのクオリティに関しては、ライダーヒーローシリーズの方が上ですし、手軽さや欲しい物を選べる点ではソフビヒーローシリーズの方が上かと。

個人的には400円ぐらいで、ソフビヒーローと同じサイズ、内容はフードおろした状態やトランジェント状態などのレアなラインナップや彩色が多い豪華版とかが良かったですね。
全体的なクオリティから次弾が出ても購入するかどうかは、ラインナップ次第といったところでしょうか。

   

 - ガシャポン, 仮面ライダー